僕たちは古楽と現代音楽の対話を通して『前衛』という茫漠とした主題について思いを馳せる。

2015年7月3日 笹塚BLUE-T
企画構成:菅沼起一/上田朝子
映像:大藤健士

リコーダー:菅沼起一/大塚照道
バロック・ヴァイオリン/フィドル:高岸卓人/出口実祈
バロック・チェロ:小林奏太
リュート/バロック・ヴィオラ:上田朝子

Recorder: Kiichi Suganuma, Terumichi Otsuka
Baroque Violin, Medieval Fiddle : Takuto Takagishi, Minori Deguchi
Baroque Cello: Sota Kobayashi
Lute, Baroque Viola: Asako Ueda

Cinematography: Kenshi Daito

Cristoforo Caresana / Luciano Berio

Baude Cordier : Tout par compas suy composes

Karlheinz Stockhausen: Tierkreis

Girolamo Frescobaldi: Recercar Cromaticho post il Gredo

Philip Glass: String Quartet No. 2 “Company”

Christopher Tye: Sit fast

Matteo da Perugia: Le greygnour bien

John Cage: String Quartet in Four Parts

Carlo Gesualdo: Moro, lasso

廣瀬量平:オードⅠ -2人のリコーダー奏者のための-

Anonymous: Hoquetus

Karlheinz Stockhausen: Aus den sieben Tagen

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中