プティ・ヴィオロン麗しのグラン・モテ

コンサートのお知らせです。 私が所属しているフランスバロック専門!古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」の演奏会です。 2014年11月に旗揚げ公演として、同世代の古楽の学生でパーセルのオペラ「ダイドーとエネアス」を上演しました。 学生だけで公演をするのは様々な困難がありましたが、その苦労や楽しみはある種青春と言っても過言ではなく(笑)、とても良い思い出になりました。 そして昨年2月にはバロックダンスとコラボということで、ガンプラやリュリなどの、ダンス、歌、器楽の総合芸術といえるオペラ・バレを上演。 それから1年経って、今度はフランスの宗教音楽を、残響7秒(!!)という、東京カテドラル聖マリア大聖堂で演奏致します。 今回は、独唱や合唱に第一線で活躍中のベテランの方々を迎え、(私含め)メンバーの一部は卒業して学生ではなくなり、もはや学生アンサンブルとは言えなくなっています。成長したメンバーと再会するのがとても楽しみです。 リュリが開拓し、定型化したフランスの当時のオーケストラや合唱は、全部で5声のパートに分かれます。 各パートには、上からDessus(デュシゥ)、 Haute-contre(オートコントル)、Taille(ターユ)、Quinte(クヮント)、Basse(バス)と、フランス独自の名前がついています。 現代では、ヴァイオリンがDessusを、Haute-contre、Taille、Quinteをヴィオラが、Basseをチェロが担当することがほとんどですが、当時は実はヴァイオリンやヴィオラと呼ばれる楽器ではなく、Dessus de violon、Haute-contre de violon、Taille de violon、Quinte de violon、Basse de violonとそれぞれ違う種類の楽器がありました。 とはいえこれらは実際には、ほとんどいわゆるヴァイオリンやヴィオラと同じ楽器なのですが、パートによってそれぞれ微妙にサイズが違います。今回の公演では、日本ではまだとても珍しいHaute-contre de violonを使用します!少し小さめのヴィオラといった感じでしょうか。 この5声のオーケストラは、通常の4声のバロック・オーケストラより内声が厚く、それはそれは重厚な響きがします! それを是非体感して頂きたいです!ちなみにスコアはこんな感じ。 各パート、全て音部記号が違いますね! 一番上、Dessusのパートは、普通のト音記号に見えますが、よくよく見ると一番下の線がGを示すト音記号です。これは、「フレンチヴァイオリン記号」とか「フレンチ・クレフ」と呼ばれる記号で、フランスのフラウト・トラヴェルソやヴァイオリンの作品にも登場します。 内声3つは、ハ音記号ですが、Haute-contreは一番下の線がC、Tailleは下から2番目の線がC、Quinteは真ん中の線がCです。 Basseは普通のバスのヘ音記号と一緒ですね。 通奏低音は、 どのパートが何の音を弾いているのか完全に把握している必要があるので、これを縦に瞬時に読むのは少し大変です。 プティ・ヴィオロンでは基本的に当時の楽譜を使うので、この楽譜が配布されるとまたプティ・ヴィオロンのシーズンが来たなぁと身が引き締まります。 この弦楽器に加え、適宜バロック・オーボエ、リコーダーが、そしてバスにはバロック・ファゴットが加わります。 独唱、合唱、器楽がこれだけ揃って(しかも東京一大きなカトリックの大聖堂で!)演奏会をするのは、私たち演奏者にとってもとてもスペシャルな機会です! ぜひ多くの方に聴いて頂きたいです! ====== 古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」 麗しのグラン・モテ 〜フランス・バロックの宗教曲〜 2016/03/15(火) 19:30 開演(19:00 開場) 東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂 「江戸川橋駅」(出口1a)より徒歩15分 JR山手線目白駅より(都営バス 白61系統 “新宿駅西口行き”) JR山手線新宿駅より(都営バス 白61系統 “練馬車庫前行き”) ※どちらも「ホテル椿山荘東京前」下車徒歩1分 アンリ・デュ・モン グラン・モテ「わが魂よ、主を讃えよ」 … Continue reading プティ・ヴィオロン麗しのグラン・モテ